生え際の植毛費用で悩む前に!

生え際が薄くなってしまって、毎日が非常に憂鬱だ...
髪が薄くなってしまうと色々なことに消極的になってしまいがちですよね。

女性に対して積極的になれない。
海やプールといった夏のレジャーを思いっきり楽しめない。

女性へのアンケートでも薄毛の男性は結婚対象として見れないという回答が多くあるようです。
薄毛の男性が好きだという女性も少数いるかもしれませんが、やはり、大多数の女性は髪がある方が良いと思っているようです。

もちろん、男性のあなたも禿げているよりは髪があった方がもちろん良いと思われていると思います。

そんな生え際の薄毛を解消するには様々な方法があります。
育毛シャンプー、育毛剤、AGAクリニック、カツラなどなどが方法としてありますが、
植毛という方法もあります。

自毛植毛といって、自分の後頭部の毛を薄毛が気になる生え際や、頭頂部に移植する方法です。
植毛の費用としては1,000株あたりおよそ、90万円くらいが相場のようです。場合によってはもっと高くなることもあります。
(1株あたりの髪の毛は2本として計算すると、1本あたり、およそ500円となります。)

■メリット
・自然な仕上がりになる
自毛植毛のメリットはなんと言っても自然な仕上がりになることでしょう。
また自分自身の細胞を移植するため、副作用の心配が少ないという点もメリットかと思います。

■デメリット
・施術できる場所が限られる
自毛植毛は施術できる場所が限られており、遠方に住んでいる方で自毛植毛の施術をしたいと思っても
交通費の負担も高額になる場合があります。
1度だけではなく、術後の経過を見るために何度か通わなければならず、植毛料金だけでなく、交通費の増大により
金銭的な負担が大きいというのがデメリットになります。

・高額な料金
上でも紹介しましたが、やはり植毛にかかる費用が大きいこともデメリットになります。
確かに1度植毛をしてしまい、うまく定着すれば、自然な仕上がりになるという大きなメリットはありますが
やはり高額な料金はデメリットになるでしょう。
生え際の後退範囲が広いほそ、頭頂部の薄毛面積が広いほど、自毛植毛にかかる費用は増大することになります。

また痛みや恐怖といったものも自毛植毛に踏み切れない原因の1つではないでしょうか。

踏ん切りが付かずにずるずると先延ばしにしてしまい、気が付いたら数年経過していたなんてことはないでしょうか?
男性型脱毛症であるAGAは進行性です。そのまま放置しても残念ながら毛が増えることはありません。むしろその逆で症状は悪くなる一方です。

なにも対策を行わずに時間が経過することでゆるやかではありますが、確実に症状は進行します。
生え際は年々後退しますし、頭頂部の薄毛面積も確実に広がっていきます。

そんな自毛植毛の費用を気にするあなたにおススメしたいのが、育毛剤+育毛サプリという選択肢です。

今さら育毛剤なんて...と思われて方もいるかと思いますが、市販の育毛剤とはアプローチが異なります。
市販の育毛剤は主に血行促進効果のみで、アルコールでスッとした爽快感を与えていかにも効いているいった錯覚に陥ります。

しかしながら、男性型脱毛症であるAGA(エージーエー)は男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼと呼ばれる酵素によって
ジヒドロテストステロン(DHT)に変化し、そのDHTが毛胞に作用することで起こります。

ですので、この、5αリダクターゼという酵素の働きを阻害し、男性の薄毛の原因である、DHTを生成しないようにしなければならないのです。

これを体の外側と内側から可能にしたのがCHAP UP(チャップアップ)なのです。

30日間の全額返金保証付き
定期便なら月1万円以下

CHAP UP(チャップアップ)を試してからでも自毛植毛は遅くありませんよ!!